ベストケンコーのシラグラについて

年齢を重ねることで、勃起力が高まることはありません。
人体のすべての機能は加齢によって衰えるものであり、これはペニスも例外ではありません。
性行為の頻度・質が低下してしまうと、活力の低下にもつながります。
仕事への意欲も低下し、何事にも消極的になってしまうことも多いでしょう。
EDの状態を放置することは好ましくないため、なるべく早期治療を心がけるべきです。
シルデナフィルを主成分とするバイアグラは、世界的に活用されているED治療薬です。
ED治療薬と言われるものは、すべてアメリカが研究・開発したものですが、近年はインドがジェネリックED治療薬を開発するようになりました。
衛生的な施設で、バイアグラと同じ成分を含むシラグラは、圧倒的な価格の安さが魅力となっています。
1錠150円~250円くらいで購入できますので、月に15回服用したとしても2,250円~3,750円ですみます。

服用後は24時間以上あけないと次の服用ができませんので、毎日服用することは通常ありません。
シラグラの役割は、ペニスを勃起させて健全な性行為を促進するものです。
ED治療薬とは言いますが、EDを治すものではなく、「勃起させること」が目的なのです。
そのため、シラグラを服用しながら、ED治療も行っていく必要があります。
ED治療といっても、何か特別なことを行うわけではありません。

EDはペニスに問題があるのではなく、メンタル、血流などに問題があって生じます。
うつ病、肥満、脂質異常症、糖尿病などが要因となっているケースが多いため、これらの症状も改善していくべきでしょう。
原因を特定するのは専門家でなければ無理なので、クリニックに行って検査を受けるべきです。
検査は非常に簡易的なもので、5~10分くらいで終了するでしょう。

視診や触診による検査は通常なく、いくつかの質問に回答するという簡単な内容です。
クリニックは男性に配慮して、男性スタッフ限定のところも多いです。

バイアグラの処方を受けたことがある方ならば、医師が服用しても問題ないと判断したので、ジェネリックのシラグラを服用しても大丈夫です。
口コミによりますと、「効果はまったく変わらない」というコメントが多いですが、まれに一方の薬に対して、「こちらのほうが効く」と言われる方もおります。
これに関しては、飲むまでは結果がわからないというのが現状です。
シラグラを飲むと、勃起力不足によるEDはすぐに解消するでしょう。

ただし、性的興奮を覚えた場合のみ勃起する仕組みであり、性欲がない方は勃起することもありません。
性欲はあるけど勃起しないという男性のための薬であり、女性に対しては効果はまったくありません。
「女性が飲むと性欲が高まる」などという俗説も聞かれていますが、これらは根拠がないものです。
媚薬とは異なり、飲んだから相手に惚れてしまうことはありません。
あくまで勃起力の低下による悩みを解消してくれる薬なのです。

私のお気に入り業者

シラグラを利用して5年以上たちました、利用した業者は5つほどです。
その中で市場いいいいのがベストケンコーと言う業者です。
興味がある人はこちらをご覧ください⇒ベストケンコーのシラグラ
一番安くて届くのが早いです。
また、送料が無料なので、いいですよ。

夫婦仲を修復してくれるシラグラ

若い時は、すぐにビンビンになったのに、40代、50代ともなってくると、だんだんと元気が無くなってくるのは当然だと思っていました。
ところが、たとえ60代であっても、元気な人は元気なのですから驚きます。
なんと70代で子供ができたという人もいるんですから、男性自身の元気さは年齢じゃないなと思います。
とはいっても、普通はそんなにいつまでも元気でいられる人はほんの一握りです。
ですが、その一握りの人になってみたい気持ちは、男性になら誰にだってあるでしょう。
勃起障害やEDの症状というのは、よく男の更年期だと言われていますが、それは本当のことなのでしょうか。
ホルモンバランスの乱れというのは男性にもあるのは事実のようですが、勃起不足や中折れなどEDの症状は、それよりも生活習慣に左右されることが多いようです。
勃起というのは、性的な刺激を受けて、その性的な刺激がペニスに伝達され、ペニスに大量の血液が流入して起こります。
この3つのうちどれが働かなくても勃起は起こりません。
ところで、生活習慣病の場合、動脈硬化や高血圧でも、糖尿病でも、血流がすこぶる悪くなってしまうことがわかっています。
つまり生活習慣病で血流が悪くなってしまったことが、勃起の障害となっている可能性が高いのです。
血流を良くするバイアグラなどのED治療薬を服用することで、若い時のように勃起できる方が多いのもそれで説明がつきます。
バイアグラの勃起力に及ぼす絶大な効果は、改めて書くまでもなく多くの方が知っていることでしょう。
ペニスの硬さが十分に得られれば、勃起力も改善し、中折れに悩むこともなくなります。
バイアグラを処方してもらうには、医療機関に受診し処方箋を書いてもらわなければなりません。
ですが、性的なことは非常に微妙な問題であるだけに、医療機関で診てもらうということには抵抗を感じてしまう方が多いようです。
それに、どんなに絶大な効果があったとしても、高価なバイアグラを多用することはできません。

そこで、手軽に入手できるということでシラグラの愛用者が増えています。
有効成分はバイアグラとまったく同じであるのに、価格は10分の1なのですから、EDで悩んでいる方が使いたがるのも納得です。
信頼できるところで個人輸入をすれば、日本でだって安価にシラグラを手に入れることができます。
効果のほどはバイアグラで実証済みですから、その点は心配することはありません。
シラグラは、インドの製薬会社のシプラ社が開発したバイアグラのジェネリック医薬品です。
成分特許を認めていないインドだからこそ、バイアグラのジェネリック医薬品を作れたわけで、それを日本の男性が服用しているというのは少し不思議な気分がします。
シラグラの有効成分のおかげで、ペニスへの血液の流入がスムーズになり、若い頃のように勃起することができます。
いつまでも男女として仲睦まじくできることで、夫婦の仲も良好に保つことができるでしょう。
この頃ご無沙汰で奥さんの機嫌を損ねているという方は試す価値大いにありです。

自分に自信を持つためのシラグラ

ある調査によれば、40代以上の男性の3分の1以上に、なんらかのEDの症状があるそうです。
「どうも昔のように硬くならない」「途中で中折れしてしまいショックだった」「気分的にはその気だったのに勃起しないことがあった」など、明らかにこれはEDの症状なのではないかという症状を自覚している男性が多いことに驚きます。
ところが、自分がEDかもしれないと感じたという方は、なんだかの症状があった方の中のわずか2割ほどしかいなかったそうです。
つまり、何らかの勃起障害があることを自覚していながら、自分はEDかもしれないと認めている人はかなり少ないということがわかります。
そのことは、勃起障害の症状で医療機関を受診した人が、勃起障害を経験したことがある男性の内15%程度ということからもうかがえるのです。
日々の症状を気にはしているけれど、自分はEDではないに違いない、今は調子が悪いだけで、きっとそのうち調子が良くなるはずだと、自分で自分に言い聞かせている男性がいかに多いか、やはり男性にとって性的能力というのは、自分のプライドに関わることなのでしょう。
なぜ医療機関を受診しないのかを調査したところ、「まだ大丈夫」「そんなに悪くない」と答えた人がもっとも多かったそうです。
そして、ED治療薬についての調査では、「医療機関で処方してもらった」という方と、「自分で入手した」という方がほぼ同じくらいだったというのは興味深い結果ではないでしょうか。
医療機関に行きにくいという心理が大きく作用していることがうかがえますが、医療機関で処方されるバイアグラなどのED治療薬が高額であることも原因の一つだと思います。
1錠1300円から1500円もするバイアグラでは、普通のサラリーマンではおいそれと使うことができません。
しかも、注意しなければならない項目が多いため、せっかく服用したのに、空振りになってしまったという方もかなりいるのです。
これだけ高額の薬を服用したのに、タイミングが合わずに空振りになってしまっては、努力している男性にとっては泣くに泣けません。
それで、バイアグラより気軽に利用できるシラグラに注目が集まっているのでしょう。
シラグラは、インドの製薬会社が開発したバイアグラのジェネリック医薬品です。
注目すべきなのはその価格で、なんと1錠130円から150円だというのですから、バイアグラの10分の1ほどの価格でED治療ができます。
インドのジェネリック医薬品であるため、日本で普通に買うことはできませんが、個人輸入をすれば、日本国内に居ながらにして入手することができるため、バイアグラより使いやすいと人気のED治療薬となっているのです。
これだけ低価格であれば、タイミングが合わずに空振りになったとしても、それほど悔しい思いをせずに済みます。
今度頑張ればいいとすぐに気持ちを切り替えることだってできるでしょう。
シラグラのおかげで、ED治療がぐっと身近なものになったのは確実です。

インドで製造されたシラグラはバイアグラのジェネリックです

近年、EDの症状で悩んでいる方が多くなっています。
これまで加齢とともにEDの症状が出るのが普通でしたが、生活習慣の変化によるものか、それともストレスが原因なのか、若い男性でもEDに悩んでいる方が増えているのです。
最近は、EDへの理解度も上がり、治療について肯定的な見方をする方が増えています。
ED治療も気軽にできる世の中になりました。
ED治療でもっとも有名なのがバイアグラでしょう。
夢の治療薬として、認可がおりた時はかなり注目されたものです。
ですが、バイアグラは1錠の価格が高いため、そんなに気軽に利用できるものではありません。
もっと安価であれば試したいと思っているのに、これでは試すこともできないと諦めている方は、シラグラを試されてみてはいかがでしょうか。
インドのく製薬会社である「Cipla(シプラ)」が、販売・製造しているバイアグラのジェネリック医薬品です。
もちろん、バイアグラの特許はまだ有効であるため、普通ならジェネリックが作られるはずはないのですが、インドでは特許についての考え方が違うため、ジェネリック医薬品を開発・製造することができます。
インド製のジェネリックであっても、有効成分がシルデナフィルクエン酸塩である点ではバイアグラと変わるところがありません。
しかも、ジェネリック医薬品であるため、バイアグラより驚くほど安く手に入れることができるのです。
1錠150円ほどなのですから、1錠1300ほどはするバイアグラと比べると、どれほど安価であるかがわかるでしょう。
そのようなシラグラですが、日本ではまだ認可がおりていないため、普通であればインドまで行かなければ手に入れることができません。
しかし、個人輸入であれば、なにもインドまで行かなくても手に入れることができます。
ただ、個人輸入といいつつ偽物を扱っているところもありますから、個人輸入を利用するのであれば、信頼できるところを利用することをおすすめします。
勃起が起きるメカニズムは、有効成分が同じであるバイアグラとほぼ一緒ですが、効き目がまったく同じというわけではありません。
やはり製法の違いが効き目の違いとしてあらわれることはあるようです。
シラグラの飲み方はバイアグラと同じです。
注意点もバイアグラと同じだと思っていれば大丈夫でしょう。
空腹時に飲むこと、できれば食事の30分以上前がベストです。
アルコールの摂取はほどほどに控えましょう。
ニトログリセリンなど血圧の薬を服用している方は、専門医に相談してから服用することをおすすめします。
シラグラには、25mg、50mg、100mgがありますが、最初は25mgで試してみてください。
効果があまり感じられないとしても、いきなり100mgで試すようなことはおすすめできません。
大きな錠剤をカットして使う方もいるようですが、もしカットして服用する場合は、カットしたなら早めに服用するようにしましょう。

安価で効果の高いシラグラ

ジェネリック医薬品が一般的に利用される様になって、医療費は格段に安く済ませられる様になりました。
一方で、日本国内ではジェネリック医薬品が認められていないED治療薬は、自由診療である事からも、どうしても購入は高額になってしまいます。
そんなED治療薬ですが、インターネットにはバイアグラのジェネリックを安価に手に入れることが出来た、という書き込みを見る事が出来ます。
こうした書き込みをしている人たちは、海外で製造されているバイアグラのED治療薬を手に入れて、しかも日本で使用しているのです。

海外にはバイアグラのジェネリックが複数存在していますが、シラグラという治療薬もその一つです。
このバイアグラ・ジェネリックはインドのCiplaという製薬会社から発売されています。
バイアグラと同様にシルデナフィル塩酸を主成分としていて、効果もほぼ同様です。
実は、インドではバイアグラの発売当初、成分に関する特許法が存在しませんでした。

この事から、ジェネリックを開発して販売する事が出来たのです。
この様に書くと、まるで脱法的なコピー商品だと思われる方もいるかもしれません。
また、そのような経緯で作られた薬品は安全なものなのか、と疑われる方もおられるでしょう。

しかし、シラグラを販売しているCipla社はインドのジェネリック医薬品のメーカーとしては大手の企業で、世界に10カ所の製薬施設を有しています。
いずれも世界保健機関やFDAの認可を受けた正式な施設であり、信頼のおける製薬会社である事を裏付けています。

また、Cipla社の従業員数は16,000人以上にのぼり、コストの低いHIV治療薬なども開発しています。
この様に、世界的に信頼されている大企業だと言えるCipla社が製造するシラグラも、国際的に見ると例外的な開発経緯を辿っていますが、その成分や安全性は申し分無い物だと言えるのです。
では、この治療薬は、バイアグラと比べてどれだけ安く入手出来るのでしょうか。
バイアグラの販売価格は4錠入りで6,000円程が相場です。

一畳あたり1,500円となり、気軽に買えるとは言い難い価格です。
一方でシラグラは4錠入り1,800円前後で購入出来て、一畳あたりにすると450円程となります。

さて、この様にリーズナブルでバイアグラと同様の効果が得られるジェネリックは個人輸入代行業者を介して、誰でも簡単に入手する事が出来ます。
一般的に売られているものは主成分の包有量が100mgの物が主流となっているので、もし今までにバイアグラ50mgを使用されている方ですと、シラグラ100mgをピルカッターなどで切って、半分ずつ使用する事で、よりリーズナブルに利用する事が出来ます。

ただ、日本未認可の海外ジェネリックの使用はあくまで自己責任となりますので、医師の診断を受けた上で信頼出来る輸入代行業者から購入する様にしましょう。

性行為を行なう前にシラグラを服用すると驚くような堅さになり意欲的に生きられます

日本の総人口が約一億2千万人として、その半分が男性だと仮定すると約6千万人となります。
その6千万人の男性のうち、ED、つまり勃起不全症状に悩んでいる人の数は、多く見積もると1400万人ほどに上るという統計があるのです。
人間が充実した人生をおくるためには、食欲と性欲が最低限必要であるといわれますから、性欲が減退して男性のシンボルである陰茎が勃起しなくなるというのは、生きる意欲が半分なくなっているのと同じような状況になります。
性欲だけが減退して、その他の仕事に対する意欲などに影響がなければいいわけですが、人間の身体はそのように都合よくできていないようです。
つまり、性欲が減退して勃起不全になると、生きる気力にも影響してきて、最悪の状態だと鬱の状態になるかもしれないです。
そこで、ED治療薬としてバイアグラという薬が開発されました。
この薬の開発には莫大な開発費がかかったようでして、発売から15年経っている現在においても、正規に処方された場合は30粒で約6万円と、非常に高価な薬です。
これは、保険適用が利かないからこれだけ高い値段であるという説明が成り立ちます。
厚生労働省によると、勃起不全は性器そのものの病気ではなく命に関わるほどではないからという説明がされています。
これだけ高価なバイアグラを使い続ける事ができるのは、一部の富裕層に限られるでしょう。
ですが、どうしてもEDを克服したいと、患者はインターネットを探し回って、ついにバイアグラジェネリック薬をインドにおいて見つけることに成功したのです。
インド国内でしか認可されていないバイアグラジェネリック薬は、シラグラという名称であり、成分的にはバイアグラと同じくシルデナフィルが使われています。
ですから、バイアグラが独占している特許料の支払いなどがないため、一錠150円から販売されており、この価格ならば、ED治療のために長期間服用が必要である場合でも、何とか支払える値段です。
ちなみに、正規品を製造しているCipla社が販売して、28粒で3000円という格安な値段となっています。
シラグラを利用してみたED治療中の患者さんが、ED関連掲示板サイトなどに寄せてくれた体験談によると、シラグラは性行為の前に服用して、実際に性行為をしながら過ごす事によって、陰茎が堅くなってくるのを実感できるとされます。
単にシラグラを服用したら勃起して、そこから性行為を続けるという感じの治療薬ではないという印象があります。
おそらく、成分的にはバイアグラと同じものであるけれども、性的興奮が加わる事によってさらに陰茎内の血流を増加させるよう、成分の配合を変えたりしているかもしれません。
それでも、EDで悩んでいる患者さんにとっては、パートナーと充分な性行為を楽しんで性欲を全開させられないのが苦しみだったわけです。
だから、シラグラを服用して陰茎が堅くなり、持続時間も長くなってしかも性欲を全開にできるのは願ったり叶ったりな状況といえます。
現在、このコストパフォーマンスのよさから、個人輸入して服用し、性欲全開で意欲的に生きている元患者さんが激増中なのです。

シラグラの効果や副作用

シラグラとはインド製薬会社であるCiplaが開発したED治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品のことをさします。
日本で認可のなされていない未承認薬でありますので、海外の医薬品を代行して購入してくれる業者を通しての購入になります。
バイアグラとシラグラの違いは、商品名・製造会社・価格が違います。
有効成分であるクエン酸シルデナフィルと薬の効果に関しては何も変わりがありません。
特に消費者として注目すべき点は、値段です。
日本でバイアグラを購入すると、一錠あたり1.300円から1.500円ほどの値段であり、とても高価なのでなかなか手を出しにくい値段になっています。
それにくらべて、シラグラは一錠150円から300円程度で購入することが可能です。
バイアグラのおおよそ5分の1から10分の1の価格で買うことができ、とても良いコストパフォーマンスになっています。
シラグラの具体的な効果は、主成分・有効成分クエン酸シルデナフィルの効用によって、海綿体の血管を伸暢し、血液量を増やすことによって勃起不全を改善します。
脳の中枢神経から性器の周辺に一酸化窒素の生成を行っている組織に対して信号を送ることで、男性器への血液の流れを促すというメカニズムで成り立っています。
また、クエン酸シルデナフィルは勃起持続を促す化学物質であるGMPを分解する酸素PDE5の働きを抑え、長時間勃起を持続させる効果を持っています。
それによって、性行為の間に常に勃起状態を維持して、行為を何回も行えるようになります。
シラグラの副作用については、服用後に一時的な視界のかすみ、物体の色が以上に見える、めまいを引き起こす、ほてり、血圧低下によって起こるめまい、皮膚発疹などのアレルギーの症状が起こる可能性があります。
目の視界のかすみや色彩異常、めまいなど視認に影響を及ぼす可能性があるので、服用後の副作用を考慮した上で自宅での使用をおすすめします。
体験談としては、20分程度で効果が現れ始めた、効果が一日持続した、満足のいく硬さ大きさで中折れもおきなかった、他に軽いほてりがあった、胸焼けがあったなどがありました。
インターネット上で、ネットショッピングの要領で簡単にお買い求めすることができます。
しかし、日本で認可のなされていない医薬品であるので、必然的に輸入品の購入ということになってしまいます。
その際の知識も必要になってきますので、あらかじめ必要以上の知識をもって自己責任の上で利用の検討を行ってください。
血液の流れを促進する薬であるため、心臓病・脳卒中・肝臓病、医師によって低血圧や高血圧の診断を受けている人、網膜色素変性症などの目の網膜の病気をわずらっている人などは使用できません。
特にニトログリセリン系の薬と心臓病を治療する薬との服用は大変危険で場合によっては死にいたります。
ですので、薬の処方を受けている人は、気をつけなければなりません。
自分の現在の健康状態を知った上で、医師の診断による判断での利用が一番安全でよろしいかと思います。

シラグラはバイアグラのインド製ジェネリック

医薬品と一言で言ってもその種類はいろいろあります。
まず新薬とジェネリック医薬品というカテゴリで分類することができます。
新薬というのは企画・開発、つまり一から作り出された医薬品で、研究や治験と実験そして認可にいたるまでには相当のコストをかけて作られています。
新薬には特許期間というのがあって、この特許が有効な間は他の会社は同じ薬を製造することはできないのですが、特許が無効になるとそれが認められます。
こうして製造されるのがジェネリック医薬品と呼ばれる薬です。
新薬の開発で既に作り方などはわかっていますから、成分などは同じで新薬に比べてかなりの低コストで製造できるというのがジェネリック医薬品の最大の特徴です。
ジェネリック医薬品を製造する製薬メーカーはたくさんありますが、特にジェネリック医薬品の製造が盛んな国はインドです。
インド製のジェネリック医薬品は種類・製造量ともにとても多く、世界中に出回って大変大きなシェアを占めています。
このようにインドでジェネリック医薬品が多く作られるようになった背景には、特許の仕組みがあります。
インドでは医薬品の成分に関する特許の制度がないので、もともとの新薬と同じ有効成分を含んだ医薬品を製造することができ、またそうして製造された薬もジェネリック品として認められているからです。
さて、現代は大変なストレス過多の時代ですが、こんな時代に働き盛りの世代を中心に男性を悩ませるのが勃起不全つまりEDと呼ばれる症状です。
ED治療についてはバイアグラという薬が開発されて注目を集めましたが、このバイアグラ、薬としては大変高価なものなので長期間にわたって使用するとなると経済的な負担がかなり大きいという現実があります。
そこで活用したいのが、新薬のようにコストがかかっていないために安価で流通しているジェネリック医薬品です。
バイアグラのジェネリック医薬品もちゃんとあります。
「シラグラ」という薬がそのひとつで、ジェネリック医薬品の製造では定評のある、インド・ムンバイに本社を持つシプラという製薬会社が作っています。
シプラ社のシラグラの有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルです。
バイアグラのジェネリックですから当然バイアグラと同じ成分が有効成分になっていますし、同じように作用するように製造されています。
この有効成分の含有量により、シラグラの錠剤には「25ミリグラム」「50ミリグラム」「100ミリグラム」の規格があって、この点も新薬であるバイアグラ同様です。
服用の注意点もバイアグラとほぼ同じで、有効成分であるシルデナフィルの吸収率は食事をすることで影響を受けますので、空腹時に飲んでおくことが効果を発揮しやすくするためには重要です。
また、血管拡張や血流に作用する性質のある薬なので、アルコールとの飲み合わせには注意が必要です。
さらに、医薬品ですから注意事項・禁忌事項・副作用の可能性についても知っておかなくてはなりません。
バイアグラとニトログリセリンなど硝酸系の薬剤の併用が大変危険であることは有名ですが、同じ成分で作られているシラグラについてもこのことがあてはまります。
シラグラを使用するにあたっては、ED治療の専門医や既往症のかかりつけの医師に相談の上使用するのが安全に、また薬の効果を最大限得るための最重要ポイントです。

シラグラで、バイアグラと同等の効果を満喫しよう

禿頭の悩みとEDの悩みは、男性独特の悩みの代表選手といってもいいでしょう。
男性だけの抜本的な悩みは、日本だけでなく世界中どこでも共通していますし、まだ現在だけということは無く、昔から悩みはだいたい同じでずっと続いています。
そして何やかやとその時々において対策は出されるのですが、効果の再現性ということになると絶対と言うものは今までは有りませんでした。
エジプト時代の古文書にも、EDに関して触れられており、その対策も書かれてあるそうです。
精力剤と名の付くものは日本どころか世界中にあまたありますし、実際に効果のあった事例も沢山存在します。
ただ再現性という点では非常に?
が付くものが多いというのも事実なのです。
そのような状況の中、颯爽と登場して、世界中の男性陣に大歓声で迎えられられたのがファイザー社のバイアグラなのでした。
精力剤とかサプリメントとかの健康増進、滋養強壮という効能ではなくて、はっきりと男性性器を起たせる薬として現われました。
海面体への血液の流入をさえぎるコウソの発生を抑制させて、性器を大きく固くする働きがあります。
再現性の高さから、世の中の強い支持を獲得しEDで悩む男性の患者に、ドクターが処方箋を書いて治療薬として使われています。
それ以外に、個人輸入と言う形で外国から直接購入する形も有ります。
いずれにしても1錠1300円~1700円位で手に入れることが出来るのが今の日本の状態です。
これ、少し高いです。
そんな悩みにこたえるために出てきたのが、シラグラなのです。
バイアグラと同等の効能が期待できて、その上価格がバイアグラの1/5から1/10なので、富裕層の人間でなくても手に入れることが出来るのです。
このシラグラの成分に関してですが、ファイザー社のバイアグラと一緒の効果が期待できるクエン酸シルデナフィルを使用しています。
もとをたどると、このクエン酸シルデナフィルは、「狭心症の薬剤」として使われていた時がありましたが、副作用としてEDつまり勃起不全治療薬としても使えることがわかりED治療薬として日の目を見ることになったのでした。
バイアグラの沢山出ているジェネリック薬品の一つであり世界中で愛用されています。
インドの大手製薬メーカーであるシプラ社(Cipla)で製造販売されています。
シラグラの具体的な効果は、バイアグラとほぼ同じです。
シルデナフィルの効用によって、海綿体の血管を伸暢し、血液量を増やして充血させて起たせます。
所謂漢方剤にある精力回復とかではなく、勃起のメカニズムに沿って開発された薬なので、効果は大です。
脳の中枢神経から性器の周辺に一酸化窒素の生成を行っている組織に対して信号を送ることで、男性器への血液の流れを促すというメカニズムで成り立っています。
またシルデナフィルは勃起持続を促す化学物質であるGMPを長い間健全な状態に保つように持っていくので、長時間勃起を持続させる事が出来るのです。
副作用の方も、バイアグラと同じで出ることがあります。
服用後に一時的な視界のかすみ、物体の色が以上に見える、頭痛がする、ほてる、血圧低下によって起こるめまい等が起きることがありますが、そういうものだと考えたら問題は何もありません。

シラグラ(感想と体験談)

丁度30代に入ったころからでしょうか、急に仕事が忙しくなったために、なかなか夫婦で一緒に過ごす時間が無くなってしまいました。
また、もともとそれほど性欲がなかったのも有るのかもしれませんが、前は月に数回あった性行為もほぼない状態になってしまったのです。

しかも、久しぶりにいざ、という感じで行為に臨んだとしても、なかなか勃起しないし、せっかく勃起しても中折れしてしまう、という状態でした。
そんな事が続くうちに、次第に夫婦関係も変わって来たような感じがします。
silagra
このままでは残りの人生、何があるか分からないと思ったので、ED治療薬を使って見る事にしました。
と言っても病院にはなかなか行く事が出来ない、だったらまずはネットでバイアグラを個人輸入してみようという事になったのです。
ただ実際に見てみると、バイアグラにはジェネリックがあるという事を知りました。
ジェネリックと言えば同じ効果が期待できるのに薬価がかなり安い薬の事、だったらそちらを試してみる価値があるのではないかと思い、そのジェネリックであるシラグラを買うことにしたのです。

実際に品物が届くまでが待ち遠しくてたまらなかったのですが、思っていた以上に早く届きました。
そして服用してみた所、確かに説明書きにあったように効果を実感する事が出来ました。
少々副作用を感じる事は有りましたが、気になる程ではありません。
勿論、すぐに勃起する事もできたし、中折れする事も無くなりました。

冷え切りそうだった夫婦関係も、シラグラを使うようになってから少し良くなったような感じがします。
勿論、もともと仕事自体が忙しいのでなかなか性行為を行う事は出来ませんが、以前の様に中断する事も無くなりました。
あの時勇気を出して注文して良かったと思います。

ただ、実はその時はそれ程詳しく調べない状態でシラグラの個人輸入をしましたが、実はしっかりと調べる方が良いという事を後で知りました。
だから、これから個人輸入で海外医薬品を買おうとしている人には、まず事前に調べておくのをお勧めします。
出来ればパートナーとしっかりと相談しながらできると良いかもしれません。

EDだと気づいた時は、本当にどうなって行くのか不安でしたが、シラグラを飲むようになってその問題は解決したような気がします。
必要以上に飲むのは良くないのですが、こうして必要な時は薬を飲んでその力を借りる、それもまた毎日の生活を送る上で重要な事なのかもしれません。

ちなみに、シラグラですが手に入れようと思うのであれば、個人輸入の代行業者を使うのが便利です。
ただ業者は現在沢山あるので、出来るだけ自分に合っていると思える所を利用するようにしましょう。
またなかなかどこが良いか分からないという時は、ネットで評判とかを調べてみるのをお勧めします。
また気になる代行業者がある時はそこに質問メールを送ってみるのも良いでしょう。
そうして良く理解した状態で個人輸入するのをお勧めします。