インドで製造されたシラグラはバイアグラのジェネリックです

近年、EDの症状で悩んでいる方が多くなっています。
これまで加齢とともにEDの症状が出るのが普通でしたが、生活習慣の変化によるものか、それともストレスが原因なのか、若い男性でもEDに悩んでいる方が増えているのです。
最近は、EDへの理解度も上がり、治療について肯定的な見方をする方が増えています。
ED治療も気軽にできる世の中になりました。
ED治療でもっとも有名なのがバイアグラでしょう。
夢の治療薬として、認可がおりた時はかなり注目されたものです。
ですが、バイアグラは1錠の価格が高いため、そんなに気軽に利用できるものではありません。
もっと安価であれば試したいと思っているのに、これでは試すこともできないと諦めている方は、シラグラを試されてみてはいかがでしょうか。
インドのく製薬会社である「Cipla(シプラ)」が、販売・製造しているバイアグラのジェネリック医薬品です。
もちろん、バイアグラの特許はまだ有効であるため、普通ならジェネリックが作られるはずはないのですが、インドでは特許についての考え方が違うため、ジェネリック医薬品を開発・製造することができます。
インド製のジェネリックであっても、有効成分がシルデナフィルクエン酸塩である点ではバイアグラと変わるところがありません。
しかも、ジェネリック医薬品であるため、バイアグラより驚くほど安く手に入れることができるのです。
1錠150円ほどなのですから、1錠1300ほどはするバイアグラと比べると、どれほど安価であるかがわかるでしょう。
そのようなシラグラですが、日本ではまだ認可がおりていないため、普通であればインドまで行かなければ手に入れることができません。
しかし、個人輸入であれば、なにもインドまで行かなくても手に入れることができます。
ただ、個人輸入といいつつ偽物を扱っているところもありますから、個人輸入を利用するのであれば、信頼できるところを利用することをおすすめします。
勃起が起きるメカニズムは、有効成分が同じであるバイアグラとほぼ一緒ですが、効き目がまったく同じというわけではありません。
やはり製法の違いが効き目の違いとしてあらわれることはあるようです。
シラグラの飲み方はバイアグラと同じです。
注意点もバイアグラと同じだと思っていれば大丈夫でしょう。
空腹時に飲むこと、できれば食事の30分以上前がベストです。
アルコールの摂取はほどほどに控えましょう。
ニトログリセリンなど血圧の薬を服用している方は、専門医に相談してから服用することをおすすめします。
シラグラには、25mg、50mg、100mgがありますが、最初は25mgで試してみてください。
効果があまり感じられないとしても、いきなり100mgで試すようなことはおすすめできません。
大きな錠剤をカットして使う方もいるようですが、もしカットして服用する場合は、カットしたなら早めに服用するようにしましょう。

Comments are closed.