シラグラで、バイアグラと同等の効果を満喫しよう

禿頭の悩みとEDの悩みは、男性独特の悩みの代表選手といってもいいでしょう。
男性だけの抜本的な悩みは、日本だけでなく世界中どこでも共通していますし、まだ現在だけということは無く、昔から悩みはだいたい同じでずっと続いています。
そして何やかやとその時々において対策は出されるのですが、効果の再現性ということになると絶対と言うものは今までは有りませんでした。
エジプト時代の古文書にも、EDに関して触れられており、その対策も書かれてあるそうです。
精力剤と名の付くものは日本どころか世界中にあまたありますし、実際に効果のあった事例も沢山存在します。
ただ再現性という点では非常に?
が付くものが多いというのも事実なのです。
そのような状況の中、颯爽と登場して、世界中の男性陣に大歓声で迎えられられたのがファイザー社のバイアグラなのでした。
精力剤とかサプリメントとかの健康増進、滋養強壮という効能ではなくて、はっきりと男性性器を起たせる薬として現われました。
海面体への血液の流入をさえぎるコウソの発生を抑制させて、性器を大きく固くする働きがあります。
再現性の高さから、世の中の強い支持を獲得しEDで悩む男性の患者に、ドクターが処方箋を書いて治療薬として使われています。
それ以外に、個人輸入と言う形で外国から直接購入する形も有ります。
いずれにしても1錠1300円~1700円位で手に入れることが出来るのが今の日本の状態です。
これ、少し高いです。
そんな悩みにこたえるために出てきたのが、シラグラなのです。
バイアグラと同等の効能が期待できて、その上価格がバイアグラの1/5から1/10なので、富裕層の人間でなくても手に入れることが出来るのです。
このシラグラの成分に関してですが、ファイザー社のバイアグラと一緒の効果が期待できるクエン酸シルデナフィルを使用しています。
もとをたどると、このクエン酸シルデナフィルは、「狭心症の薬剤」として使われていた時がありましたが、副作用としてEDつまり勃起不全治療薬としても使えることがわかりED治療薬として日の目を見ることになったのでした。
バイアグラの沢山出ているジェネリック薬品の一つであり世界中で愛用されています。
インドの大手製薬メーカーであるシプラ社(Cipla)で製造販売されています。
シラグラの具体的な効果は、バイアグラとほぼ同じです。
シルデナフィルの効用によって、海綿体の血管を伸暢し、血液量を増やして充血させて起たせます。
所謂漢方剤にある精力回復とかではなく、勃起のメカニズムに沿って開発された薬なので、効果は大です。
脳の中枢神経から性器の周辺に一酸化窒素の生成を行っている組織に対して信号を送ることで、男性器への血液の流れを促すというメカニズムで成り立っています。
またシルデナフィルは勃起持続を促す化学物質であるGMPを長い間健全な状態に保つように持っていくので、長時間勃起を持続させる事が出来るのです。
副作用の方も、バイアグラと同じで出ることがあります。
服用後に一時的な視界のかすみ、物体の色が以上に見える、頭痛がする、ほてる、血圧低下によって起こるめまい等が起きることがありますが、そういうものだと考えたら問題は何もありません。

Comments are closed.