シラグラの効果や副作用

シラグラとはインド製薬会社であるCiplaが開発したED治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品のことをさします。
日本で認可のなされていない未承認薬でありますので、海外の医薬品を代行して購入してくれる業者を通しての購入になります。
バイアグラとシラグラの違いは、商品名・製造会社・価格が違います。
有効成分であるクエン酸シルデナフィルと薬の効果に関しては何も変わりがありません。
特に消費者として注目すべき点は、値段です。
日本でバイアグラを購入すると、一錠あたり1.300円から1.500円ほどの値段であり、とても高価なのでなかなか手を出しにくい値段になっています。
それにくらべて、シラグラは一錠150円から300円程度で購入することが可能です。
バイアグラのおおよそ5分の1から10分の1の価格で買うことができ、とても良いコストパフォーマンスになっています。
シラグラの具体的な効果は、主成分・有効成分クエン酸シルデナフィルの効用によって、海綿体の血管を伸暢し、血液量を増やすことによって勃起不全を改善します。
脳の中枢神経から性器の周辺に一酸化窒素の生成を行っている組織に対して信号を送ることで、男性器への血液の流れを促すというメカニズムで成り立っています。
また、クエン酸シルデナフィルは勃起持続を促す化学物質であるGMPを分解する酸素PDE5の働きを抑え、長時間勃起を持続させる効果を持っています。
それによって、性行為の間に常に勃起状態を維持して、行為を何回も行えるようになります。
シラグラの副作用については、服用後に一時的な視界のかすみ、物体の色が以上に見える、めまいを引き起こす、ほてり、血圧低下によって起こるめまい、皮膚発疹などのアレルギーの症状が起こる可能性があります。
目の視界のかすみや色彩異常、めまいなど視認に影響を及ぼす可能性があるので、服用後の副作用を考慮した上で自宅での使用をおすすめします。
体験談としては、20分程度で効果が現れ始めた、効果が一日持続した、満足のいく硬さ大きさで中折れもおきなかった、他に軽いほてりがあった、胸焼けがあったなどがありました。
インターネット上で、ネットショッピングの要領で簡単にお買い求めすることができます。
しかし、日本で認可のなされていない医薬品であるので、必然的に輸入品の購入ということになってしまいます。
その際の知識も必要になってきますので、あらかじめ必要以上の知識をもって自己責任の上で利用の検討を行ってください。
血液の流れを促進する薬であるため、心臓病・脳卒中・肝臓病、医師によって低血圧や高血圧の診断を受けている人、網膜色素変性症などの目の網膜の病気をわずらっている人などは使用できません。
特にニトログリセリン系の薬と心臓病を治療する薬との服用は大変危険で場合によっては死にいたります。
ですので、薬の処方を受けている人は、気をつけなければなりません。
自分の現在の健康状態を知った上で、医師の診断による判断での利用が一番安全でよろしいかと思います。

Comments are closed.