シラグラはバイアグラのインド製ジェネリック

医薬品と一言で言ってもその種類はいろいろあります。
まず新薬とジェネリック医薬品というカテゴリで分類することができます。
新薬というのは企画・開発、つまり一から作り出された医薬品で、研究や治験と実験そして認可にいたるまでには相当のコストをかけて作られています。
新薬には特許期間というのがあって、この特許が有効な間は他の会社は同じ薬を製造することはできないのですが、特許が無効になるとそれが認められます。
こうして製造されるのがジェネリック医薬品と呼ばれる薬です。
新薬の開発で既に作り方などはわかっていますから、成分などは同じで新薬に比べてかなりの低コストで製造できるというのがジェネリック医薬品の最大の特徴です。
ジェネリック医薬品を製造する製薬メーカーはたくさんありますが、特にジェネリック医薬品の製造が盛んな国はインドです。
インド製のジェネリック医薬品は種類・製造量ともにとても多く、世界中に出回って大変大きなシェアを占めています。
このようにインドでジェネリック医薬品が多く作られるようになった背景には、特許の仕組みがあります。
インドでは医薬品の成分に関する特許の制度がないので、もともとの新薬と同じ有効成分を含んだ医薬品を製造することができ、またそうして製造された薬もジェネリック品として認められているからです。
さて、現代は大変なストレス過多の時代ですが、こんな時代に働き盛りの世代を中心に男性を悩ませるのが勃起不全つまりEDと呼ばれる症状です。
ED治療についてはバイアグラという薬が開発されて注目を集めましたが、このバイアグラ、薬としては大変高価なものなので長期間にわたって使用するとなると経済的な負担がかなり大きいという現実があります。
そこで活用したいのが、新薬のようにコストがかかっていないために安価で流通しているジェネリック医薬品です。
バイアグラのジェネリック医薬品もちゃんとあります。
「シラグラ」という薬がそのひとつで、ジェネリック医薬品の製造では定評のある、インド・ムンバイに本社を持つシプラという製薬会社が作っています。
シプラ社のシラグラの有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルです。
バイアグラのジェネリックですから当然バイアグラと同じ成分が有効成分になっていますし、同じように作用するように製造されています。
この有効成分の含有量により、シラグラの錠剤には「25ミリグラム」「50ミリグラム」「100ミリグラム」の規格があって、この点も新薬であるバイアグラ同様です。
服用の注意点もバイアグラとほぼ同じで、有効成分であるシルデナフィルの吸収率は食事をすることで影響を受けますので、空腹時に飲んでおくことが効果を発揮しやすくするためには重要です。
また、血管拡張や血流に作用する性質のある薬なので、アルコールとの飲み合わせには注意が必要です。
さらに、医薬品ですから注意事項・禁忌事項・副作用の可能性についても知っておかなくてはなりません。
バイアグラとニトログリセリンなど硝酸系の薬剤の併用が大変危険であることは有名ですが、同じ成分で作られているシラグラについてもこのことがあてはまります。
シラグラを使用するにあたっては、ED治療の専門医や既往症のかかりつけの医師に相談の上使用するのが安全に、また薬の効果を最大限得るための最重要ポイントです。

Comments are closed.