安価で効果の高いシラグラ

ジェネリック医薬品が一般的に利用される様になって、医療費は格段に安く済ませられる様になりました。
一方で、日本国内ではジェネリック医薬品が認められていないED治療薬は、自由診療である事からも、どうしても購入は高額になってしまいます。
そんなED治療薬ですが、インターネットにはバイアグラのジェネリックを安価に手に入れることが出来た、という書き込みを見る事が出来ます。
こうした書き込みをしている人たちは、海外で製造されているバイアグラのED治療薬を手に入れて、しかも日本で使用しているのです。

海外にはバイアグラのジェネリックが複数存在していますが、シラグラという治療薬もその一つです。
このバイアグラ・ジェネリックはインドのCiplaという製薬会社から発売されています。
バイアグラと同様にシルデナフィル塩酸を主成分としていて、効果もほぼ同様です。
実は、インドではバイアグラの発売当初、成分に関する特許法が存在しませんでした。

この事から、ジェネリックを開発して販売する事が出来たのです。
この様に書くと、まるで脱法的なコピー商品だと思われる方もいるかもしれません。
また、そのような経緯で作られた薬品は安全なものなのか、と疑われる方もおられるでしょう。

しかし、シラグラを販売しているCipla社はインドのジェネリック医薬品のメーカーとしては大手の企業で、世界に10カ所の製薬施設を有しています。
いずれも世界保健機関やFDAの認可を受けた正式な施設であり、信頼のおける製薬会社である事を裏付けています。

また、Cipla社の従業員数は16,000人以上にのぼり、コストの低いHIV治療薬なども開発しています。
この様に、世界的に信頼されている大企業だと言えるCipla社が製造するシラグラも、国際的に見ると例外的な開発経緯を辿っていますが、その成分や安全性は申し分無い物だと言えるのです。
では、この治療薬は、バイアグラと比べてどれだけ安く入手出来るのでしょうか。
バイアグラの販売価格は4錠入りで6,000円程が相場です。

一畳あたり1,500円となり、気軽に買えるとは言い難い価格です。
一方でシラグラは4錠入り1,800円前後で購入出来て、一畳あたりにすると450円程となります。

さて、この様にリーズナブルでバイアグラと同様の効果が得られるジェネリックは個人輸入代行業者を介して、誰でも簡単に入手する事が出来ます。
一般的に売られているものは主成分の包有量が100mgの物が主流となっているので、もし今までにバイアグラ50mgを使用されている方ですと、シラグラ100mgをピルカッターなどで切って、半分ずつ使用する事で、よりリーズナブルに利用する事が出来ます。

ただ、日本未認可の海外ジェネリックの使用はあくまで自己責任となりますので、医師の診断を受けた上で信頼出来る輸入代行業者から購入する様にしましょう。

Comments are closed.