性行為を行なう前にシラグラを服用すると驚くような堅さになり意欲的に生きられます

日本の総人口が約一億2千万人として、その半分が男性だと仮定すると約6千万人となります。
その6千万人の男性のうち、ED、つまり勃起不全症状に悩んでいる人の数は、多く見積もると1400万人ほどに上るという統計があるのです。
人間が充実した人生をおくるためには、食欲と性欲が最低限必要であるといわれますから、性欲が減退して男性のシンボルである陰茎が勃起しなくなるというのは、生きる意欲が半分なくなっているのと同じような状況になります。
性欲だけが減退して、その他の仕事に対する意欲などに影響がなければいいわけですが、人間の身体はそのように都合よくできていないようです。
つまり、性欲が減退して勃起不全になると、生きる気力にも影響してきて、最悪の状態だと鬱の状態になるかもしれないです。
そこで、ED治療薬としてバイアグラという薬が開発されました。
この薬の開発には莫大な開発費がかかったようでして、発売から15年経っている現在においても、正規に処方された場合は30粒で約6万円と、非常に高価な薬です。
これは、保険適用が利かないからこれだけ高い値段であるという説明が成り立ちます。
厚生労働省によると、勃起不全は性器そのものの病気ではなく命に関わるほどではないからという説明がされています。
これだけ高価なバイアグラを使い続ける事ができるのは、一部の富裕層に限られるでしょう。
ですが、どうしてもEDを克服したいと、患者はインターネットを探し回って、ついにバイアグラジェネリック薬をインドにおいて見つけることに成功したのです。
インド国内でしか認可されていないバイアグラジェネリック薬は、シラグラという名称であり、成分的にはバイアグラと同じくシルデナフィルが使われています。
ですから、バイアグラが独占している特許料の支払いなどがないため、一錠150円から販売されており、この価格ならば、ED治療のために長期間服用が必要である場合でも、何とか支払える値段です。
ちなみに、正規品を製造しているCipla社が販売して、28粒で3000円という格安な値段となっています。
シラグラを利用してみたED治療中の患者さんが、ED関連掲示板サイトなどに寄せてくれた体験談によると、シラグラは性行為の前に服用して、実際に性行為をしながら過ごす事によって、陰茎が堅くなってくるのを実感できるとされます。
単にシラグラを服用したら勃起して、そこから性行為を続けるという感じの治療薬ではないという印象があります。
おそらく、成分的にはバイアグラと同じものであるけれども、性的興奮が加わる事によってさらに陰茎内の血流を増加させるよう、成分の配合を変えたりしているかもしれません。
それでも、EDで悩んでいる患者さんにとっては、パートナーと充分な性行為を楽しんで性欲を全開させられないのが苦しみだったわけです。
だから、シラグラを服用して陰茎が堅くなり、持続時間も長くなってしかも性欲を全開にできるのは願ったり叶ったりな状況といえます。
現在、このコストパフォーマンスのよさから、個人輸入して服用し、性欲全開で意欲的に生きている元患者さんが激増中なのです。

Comments are closed.