自分に自信を持つためのシラグラ

ある調査によれば、40代以上の男性の3分の1以上に、なんらかのEDの症状があるそうです。
「どうも昔のように硬くならない」「途中で中折れしてしまいショックだった」「気分的にはその気だったのに勃起しないことがあった」など、明らかにこれはEDの症状なのではないかという症状を自覚している男性が多いことに驚きます。
ところが、自分がEDかもしれないと感じたという方は、なんだかの症状があった方の中のわずか2割ほどしかいなかったそうです。
つまり、何らかの勃起障害があることを自覚していながら、自分はEDかもしれないと認めている人はかなり少ないということがわかります。
そのことは、勃起障害の症状で医療機関を受診した人が、勃起障害を経験したことがある男性の内15%程度ということからもうかがえるのです。
日々の症状を気にはしているけれど、自分はEDではないに違いない、今は調子が悪いだけで、きっとそのうち調子が良くなるはずだと、自分で自分に言い聞かせている男性がいかに多いか、やはり男性にとって性的能力というのは、自分のプライドに関わることなのでしょう。
なぜ医療機関を受診しないのかを調査したところ、「まだ大丈夫」「そんなに悪くない」と答えた人がもっとも多かったそうです。
そして、ED治療薬についての調査では、「医療機関で処方してもらった」という方と、「自分で入手した」という方がほぼ同じくらいだったというのは興味深い結果ではないでしょうか。
医療機関に行きにくいという心理が大きく作用していることがうかがえますが、医療機関で処方されるバイアグラなどのED治療薬が高額であることも原因の一つだと思います。
1錠1300円から1500円もするバイアグラでは、普通のサラリーマンではおいそれと使うことができません。
しかも、注意しなければならない項目が多いため、せっかく服用したのに、空振りになってしまったという方もかなりいるのです。
これだけ高額の薬を服用したのに、タイミングが合わずに空振りになってしまっては、努力している男性にとっては泣くに泣けません。
それで、バイアグラより気軽に利用できるシラグラに注目が集まっているのでしょう。
シラグラは、インドの製薬会社が開発したバイアグラのジェネリック医薬品です。
注目すべきなのはその価格で、なんと1錠130円から150円だというのですから、バイアグラの10分の1ほどの価格でED治療ができます。
インドのジェネリック医薬品であるため、日本で普通に買うことはできませんが、個人輸入をすれば、日本国内に居ながらにして入手することができるため、バイアグラより使いやすいと人気のED治療薬となっているのです。
これだけ低価格であれば、タイミングが合わずに空振りになったとしても、それほど悔しい思いをせずに済みます。
今度頑張ればいいとすぐに気持ちを切り替えることだってできるでしょう。
シラグラのおかげで、ED治療がぐっと身近なものになったのは確実です。

Comments are closed.